札幌市 借金返済 弁護士 司法書士

札幌市在住の人が借金・債務の相談をするならどこがいい?

借金の利子が高い

札幌市で借金や多重債務などお金の悩み相談をするならどこがいいのか、決めかねているのでは?
どうせ相談するのであれば、優秀な弁護士・司法書士がいる法律事務所や法務事務所にしたいですよね。
当サイトでは、インターネットで無料相談が出来る、お勧めの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
札幌市の方もOKですし、相談は無料でできるので安心できます。
いきなり直接相談するのはちょっと気後れする、と思っている人にもオススメです。
借金返済・債務の問題で困ってるなら、まずは弁護士・司法書士に相談して、解決策を探してみませんか?

札幌市在住の人が借金や債務整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

札幌市の多重債務・借金返済解決の相談なら、ここがおススメ。
弁護士対応で、全国に対応している法律事務所です。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いの対応も可能。
相談料ももちろん0円!
借金の取り立てをストップすることもできます。
過払い金、任意整理、個人再生、自己破産、など、借金や債務のことを無料相談することができます。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付できるので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、債務や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたにピッタリの方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理においても、減額報酬や和解成功報酬などを一切支払わなくてよいので、安く解決が可能です。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方でも安心です。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

札幌市に住んでいる人が借金や債務整理の相談をするなら、まずこれもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金の診断ツール。
カンタンな3つの質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にピッタリです。
しかも、匿名で、無料で利用できます☆
全国対応のサービスなので、札幌市に住んでいる人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



札幌市近くにある他の弁護士・司法書士の事務所紹介

他にも札幌市には法律事務所や法務事務所があります。参考にしてみてください。


●吉川悠介法律事務所
北海道札幌市中央区南2条西12丁目
011-211-0883
http://yoshikawa-law.com

●小寺・松田法律事務所(弁護士法人)
北海道札幌市中央区大通西10丁目
011-281-5011
http://kmlaw.jp

●山入利幸司法書士事務所
北海道札幌市中央区南6条西17丁目1-19
011-520-2524

●札幌エルム司法書士事務所
北海道札幌市中央区南1条西11丁目327 MSマテリアルビル6F
011-281-1202
http://sihousyosi-houjyou.jp

●さっぽろ法律事務所
北海道札幌市中央区大通西10丁目
011-272-1900
http://sapporo-law-office.com

●札幌星空法律事務所
北海道札幌市中央区大通西14丁目3-1 大通丸一ビル
011-209-3877
http://hoshizora-law.jp

●中村総合法律事務所
北海道札幌市中央区南1条西10丁目4 第2タイムビル 8F
011-222-9485
http://nakamura-lawoffice.jp

●札幌司法書士会法律相談センター
北海道札幌市中央区大通西13丁目
011-272-9035
http://sihosyosi.or.jp

●第一司法書士合同事務所
北海道札幌市中央区大通西4丁目1 道銀ビル7階
011-231-3330
http://tazawa-office.jp

●さっぽろ北口事務所
北海道札幌市北区北7条西1丁目1-11
011-756-0666

●佐藤友昭税理士事務所
北海道札幌市中央区南14条西11丁目2-12 ブリックサトウ 3F
011-551-8451
http://sato-tax.co.jp

●桶谷法律事務所
北海道札幌市中央区南1条西10丁目4-167
011-281-2226
http://oketani-law.com

●札幌国際司法書士事務所
北海道札幌市中央区南1条西11丁目
011-211-8656
http://sapporo-law.net

●(社)成年後見センター・リーガルサポート札幌
北海道札幌市中央区大通西13丁目
011-280-7078
http://legal-support.or.jp

●札幌総合法律事務所
北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2
011-281-8448
http://sapporo-sogo-lo.com

●ベリーベスト法律事務所(弁護士法人)
北海道札幌市中央区北1条西3丁目2
011-261-1221

●アンビシャス総合法律事務所
北海道札幌市中央区大通西11丁目
011-210-7501
http://ambitious.gr.jp

地元札幌市の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談の方が、気負わずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

札幌市に住んでいて多重債務や借金の返済に参っている状況

キャッシング会社やクレジットカードの分割払い等は、非常に高利な利子が付きます。
15%〜20%も利子を払うことになります。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)ほど、自動車のローンも1.2%〜5%(年)くらいなので、その差は火を見るより明らかです。
しかも、「出資法」をもとに利子を設定する金融業者だと、なんと利子0.29などの高利な金利を取っていることもあるのです。
尋常ではなく高利な利子を払い、しかも借金はどんどんふくらむ。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないのですが、利子が高くて額も多いとなると、返済するのは厳しいでしょう。
どうやって返済すればいいか、もう何も思い付かないのなら、法務事務所・法律事務所に相談してみてはいかがでしょう。
司法書士・弁護士なら、借金を返す解決策を考え出してくれるでしょう。
長期返済の計画かもしれないですし、過払い金返還で返済額が減るのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための始めの一歩です。

札幌市/借金の延滞金の減額交渉を行う?|借金返済

借金を返済できなくなってしまう原因の一つに高額の利子が上げられます。
いま現在はかつてのようにグレーゾーン金利も無くなっていますが、それでも無担保のキャッシング又はカードローンの利子は決して利子は決して低いとはいえないのです。
それゆえに返済の計画をきちんと練っておかないと払い戻しが大変になってしまって、延滞がある場合は、延滞金も必要となるでしょう。
借金は放置していても、さらに利子が増して、延滞金も増えるだろうから、早急に対処することが大切です。
借金の払い戻しができなくなってしまった際は債務整理で借金を減額してもらう事も配慮してみましょう。
債務整理も多種多様な手口がありますが、カットする事で払い戻しができるのであれば自己破産よりも任意整理を選択するといいでしょう。
任意整理をしたなら、将来の金利などを身軽にしてもらう事ができて、遅延損害金等の延滞金が交渉によっては減らしてもらうことが可能ですから、かなり返済は楽にできる様になるでしょう。
借金が全て無くなるのじゃないのですが、債務整理前と比較して大分返済が減るだろうから、より順調に元金が減額出来るようになります。
こうした手続は弁護士などその分野に強い方に相談すればさらにスムーズだから、先ずは無料相談などを利用してみたらいかがでしょうか。

札幌市|自己破産のリスクって?/借金返済

はっきり言えば世間で言われるほど自己破産のリスクは多くないです。マイホームや土地や高価な車等高価格の物件は処分されるのですが、生活していくうえで必ずいる物は処分されないです。
また20万円以下の貯金も持っていてよいです。それと当面の間の数カ月分の生活するために必要な費用百万円未満なら持って行かれる事はないです。
官報に破産者のリストとして掲載されますがこれも特定の人しか見てません。
又俗にブラック・リストに載り七年間位の間はローンまたはキャッシングが使用できない現状になりますが、これはいたし方無いことなのです。
あと決められた職種に就職出来なくなることも有ります。ですがこれも極少数の限られた範囲の職種なのです。
だから債務超過で返済することの出来ない借金を抱えこんでいるのならば自己破産を進めるのもひとつの手口でしょう。自己破産を実施したらこれまでの借金が無くなり、新たに人生をスタートできると言う事でメリットの方が大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士・弁護士・司法書士・税理士などの資格は停止されます。私法上の資格制限として遺言執行者、保証人、後見人にもなれないです。また会社の取締役などにもなれません。だけれどもこれらのリスクは余り関係ない場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きなものじゃ無い筈です。

関連するページ